ディーラーに下取り査定してもらったら驚きの査定額が

こんにちは、ツヨシといいます。

今度車を買い替えるのですが、少しでも車を高く売るために色々調べて売ろうと思います。

そこで、今後もしまた車を売るときに、「前回こうやって売ったな」と思いだして参考にするためにこのブログを書こうと思います。回顧録のような感じですね。

ついでに、このブログを見ている「車を売ろうとしている皆さん」の参考にもなれば嬉しいです(笑)

さて、今乗っている車ですが、ホンダのフィット、排気量1300ccの白です。2008年式で走行距離はおよそ7万キロです。いわゆる2代目のフィットです。

まずこのフィットを売る手段は大きく分けて2つあります。ディーラーで下取りするかガリバー、アップル、ビッグモーターなどの車買取で売るかです。

実はディーラーに下取りの査定をしに行ってきたんです。そこで言われたのが「5,000円」という金額。「いや、ブックオフかよ!ゲーム売ってるわけじゃないし!」って言いかけましたがグッとこらえて「なんでそんなに安いんですか?」と聞きました。

お店の人の答えをまとめると、ディーラーは車を売るのが本業なので、買い取るのは新車を買うついでにするおまけのサービスのようなものということらしいです。メリットとしては新車の購入と車の売却がまとめてできるので楽というのはありますが。

さすがに愛着のある車を5,000円で売るのは悔しいので、意地でも高く売ってやると誓い家に引き返しました。これもこのブログを立ち上げた理由のひとつです。

なので、今度は車買取店で売ろうと思うのですが、車買取店はどこがいいのだろうか?ガリバー、アップル、ビッグモーター、ラビット・・・など大きい車買取業者でさえたくさんありますから。ちょっと車買取のこと色々調べていこうと思います!